講師プロフィール
★講師:林 裕美子(はやし ゆみこ)  講師歴:21年(教え子は150人程)

4歳よりヤマハ幼児科に学び、6歳よりヤマハ専門コースとピアノ個人レッスン併用、専科修了後は個人レッスンで専門的に学ぶ。

武蔵野音楽大学器楽学科(ピアノ専攻)を卒業し、都内の学童保育所で指導員をする傍ら、ピアノ個人のレッスンをスタート。
その後、東京の山野楽器の専属ピアノ講師として、2005年11月に出産退職するまで約10年勤める。
2006年仙台へ引越し、島村楽器ピアノ講師を経て、自宅レッスンを始める。
2014年再び帰京、横浜へ転居。自宅にてピアノ教室を始める。

卒業生コンサート、市民音楽祭、などにソロ、ピアノデュオ、管楽器伴奏(フルート、トランペットなど)で出演し、 自らもジャンルを問わないライブやサロンコンサートなどの活動もしている。(現在は小休止しています)

また、公開レッスンやセミナー、講習会などに積極的に受講、参加している。


★わたしの音楽道
音楽好きな両親とピアノの上手な祖母の影響で、また二人の妹たちがそれぞれバイオリン、フルートを習っていたこともあって、日常的に音楽が流れている子供時代を過ごしました。

ヤマハ専門コースで楽典や作曲などを学び、五線ノートを持ち歩いて浮かんだメロディを書き留めたり、音楽の教科書に載っている曲をアレンジして弾いたりするのが好きで、現在ではライブ用の楽譜作りや各パートのアレンジなども手掛けていますが、この頃がその始まりだったのかもしれません。

小学生の頃から合奏・合唱の伴奏を任され、ジュニアオーケストラの伴奏、バイオリンやフルートとのアンサンブルなど人前で演奏する機会も多かったように思います。大学時代はバンド(ハードロック!キーボード担当)を組み、クラシック以外の音楽の魅力も数多く経験しました。

今は「ピアノをやってみたい」という方との出会いに幸せを感じています。
生涯の友となってもらえるよう、できるだけお手伝いさせていただけたら、と思っています。
Copyright (C) poco a poco. All Rights Reserved.